So-net無料ブログ作成
検索選択

風のはじまり。 [みる‐ミタリヨンダリ‐。]


京極さんの書く時代は
自分が読んできた時代設定と微妙にずれているから
何故ここ?この時代??と不思議で新鮮なのだ
【後巷説~】では明治維新!では無く
その数年後
【巷説~】【続巷説~】だって
お江戸!てのでも無く、倒幕!でも無い
江戸時代後半・・・

もともと時代小説て読んだ事はなかった
そこにミステリ&妖怪が含まれたので手に取ったのだよな

【京極堂シリーズ】を読んでいると
以前出てきた登場人物が見え隠れしていて
うおっこんなトコにこの人関わってたの
はわ~この人だったか
と、驚いたり喜んだりするのだけど
誰だっけ?どんな経緯で出てきたのだっけ?
も、多くて
なんとな~く朧げに浮かぶ
かと言って読み返すのは至極大変な厚さだから
そのままになっている

つい最近(でも無いが)
陰摩羅鬼の瑕】を読んでいたから由良なんちゃら達は
すぐに思い出せた
南方衆は“骨”ね。はいはい【狂骨の夢】
あ~和田の坊主さん。聞いた事あるぞ?!
あぁあれか、と【鉄鼠の檻】
見つけ出せるのが優越
覚えているのが嬉しい

でも別ものであってほしかったな、も本音

又市さんが出てくる話を初めて読んだのは
【嗤う伊右衛門】
普通にお岩さんのことだと先入観無く読んで
その後に【巷説シリーズ】読んだらこっちでは主人公で
ははぁあのからくりはだからなんだと納得
京極作品あちらこちらのリンク
単独で読んでも面白いけど
これがあるから別のにも手を出す
はまる

未読の【覘き小平次】
ずっっっっと前から読んでみたいと願っている
しかし、文庫にならないので今に至る
何故ならないのでしょ??
【後巷説~】の広告欄に【先巷説百物語】が載っていた
知るの遅いのが悪いのだけれど
嬉しい悲鳴
先!わははは。そういう手があったか~
百さんは出ないのか。うむ~
誰が語り手なのだろう
でもやっぱりまだ先なのね・・・文庫



― 「御 行 奉 為 ___」
りん、と鈴の音が鳴った。―


また逢えるんだ




■関連話*
つむぎいと。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

sknys

こにゃさん、こんばんにゃ。
京極堂シリーズは登場人物の繋がりだけでなく、
作品の構造も対になっていたりします。

冒頭の1行で真犯人を特定する『鉄鼠の檻』と『絡新婦の理』。
「拙僧が殺めたのだ」「貴女が蜘蛛だったのですね」
犯人は「坊主」と「女」なのか‥‥ネタバレじゃんと思うと、
怪しげな禅寺を舞台に坊主がウジャウジャ出て来たり、
女子校〜女系一族で女だらけだったり^^;

京極さんの凄いところは各ページの末尾が必ず「。」で終わっているところ
(文章が頁を跨がないのだ!)。
自分で校正しながら書いているのでしょう。
「ノベルス」と「文庫」では組版・レイアウトが異なる。
同じ小説でもビミョ〜〜〜に違うわけです。

『邪魅の雫』を読み始めました^^

http://www.apple.com/jp/pro/archive/kyogoku/index.html
by sknys (2007-07-26 21:21) 

こにゃ

☆sknysサマ☆ こんにちにゃん^^

妖怪に憑かれた人物を探せばいいだけなのが
こう複雑に絡み合って・・・薀蓄があって(笑)・・・それが醍醐味♪

「。」で終わる。以前何処かでそれを見て(スニさんのコメだったか?!)
本を確認したら・・・。ホントだぁって驚いた覚えがあります。
文字から知るその物語の雰囲気も大事。
京極作品のそこにも惹かれています。

『邪魅の雫』も早く文庫になって欲しい~。
文庫版のカバー、妖怪の造形が好き♡
by こにゃ (2007-07-27 11:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。