So-net無料ブログ作成

入院記録。そのに* 読書週間<小説編1>。  [みる‐ミタリヨンダリ‐。]


今年は
一冊も読破できないかも
なあんて慄いていた時もあったのに
こんな状態になってしまうと
読めちゃうんだ

病院内のコンビニでめぼしいものがないか探す
前回初めて読んだ乙一さん
その後手にすることなく今に至る

読まず嫌いってあるけど
一度読んで大好きになると
もう!その作者の文は全部読みたい程ハマるのに
基準がいまいち言葉で表せませんxx
ははっ


棚には20冊程の文庫本
ぱーーっと見て
知っている作家名がこの方だけだった
今回題名で選ぶのは止めた(いつもそうだけど)

ふむ・・・
「あさのあつこ」
あぁ知ってる【バッテリー】←未読
の人ね


購入したのはこれ

【ありふれた風景画】
瑞々しいと思う

だけど
“周子”も“瑠璃”も魅力的と思えなかった
が、本音
瑠璃の姉や母親の方が脈打って
活きていた

それってナンだろう
やはり年のせい?
淡々と好きになって淡々と過ごしていく
や、決して事件も何もない“淡々”ではなく
文章から感じる雰囲気としてのもの

これが心地よく思う時とそうじゃない時がある
後者だったかも
強い言い方だけど「うざー」って
異端者って云う特徴付けも何で?
って


う~む
【バッテリー】読んでみたかったけど
ビミョーになった

どうなの?




ありふれた風景画 (文春文庫)

ありふれた風景画 (文春文庫)

  • 作者: あさの あつこ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/04/10
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。