So-net無料ブログ作成
検索選択

夏の怪。 [みる‐ミタリヨンダリ‐。]


京極さんの
登場人物の会話の書き方がとても好き


「お化けだったそうです」
「お化けなあ」
お化けですよ棠庵は言う。



「」でとじた言葉の後
声を発していて、本来なら「」を使うはずのセリフ
それを引き取った文の余韻
スペースと同じように使っている
(って、ワタシは思う)



「祇右衛門」
この名が出てきた時に気付けばよかった
忘れ過ぎxx

又市が自分でも他の者からも
「青い」「青臭い」と思い、云われ
ゑんま屋で損料仕事をしていた頃のお話

ワタシの中の
又市のイメージ(容貌)はがらっと変わり
イケメン?又市イケメン説急上昇 笑
そして小股潜りの謂れの通り
口数(文数)が多いと感じた

又市の括弧と哀は
この後の人生を少しだけ知っている
読者には、『若さ』ゆえなのかなって
年長者の様に愛おしくなる


仕掛けに死人が出るのは大損
彼が御行に身をやつす事の
根っこが分かったし
根っこの部分は年を経ても変わらない

又市がほんっと
魅力的



最近は
巷説百物語シリーズ>百鬼夜行シリーズ
だわ





前巷説百物語 (角川文庫)

前巷説百物語 (角川文庫)

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/12/25
  • メディア: 文庫




Tags:京極夏彦
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました