So-net無料ブログ作成

【FLYING FORTRESS】【シャッターアイランド】そして【 聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―】観る。 [みる‐エイゾウ‐。]


最初は1つずつの感想だったのに
まとめて2つになり今度は3作品になってしまいました

よく行くレンタルやさんにはB級じゃない?と思われる映画が
大コーナーに並んでいます(聞いた事無い未公開作品が沢山)
何で?


キーワードは『第二次世界大戦』

“FLYING FORTRESS”
イタリア軍“ラッキー・ラス”と呼ばれるフライングフォートレス(B-17爆撃機)
その乗組員達に課せられる空爆作戦
誰が主役か分からない・・・ジャケットを見ても真ん中にいる人でもないしな
最初はあの中尉さんだとばかり思ってたし
ラッキー・ラスが何故そう呼ばれるのか
何度も無傷ではないが帰還しているから
度々故障して基地に戻らざるおえなくなる状況でも「帰還する」事は
幸運なのでしょう

ドイツ軍メッサーシュミット(Bf109)との戦闘シーンは圧巻?!
と云うかこんな大きな機体、弾当て放題じゃない?って思ったり・・・
だからこそ「ラッキー」


“シャッターアイランド”
レオナルド・ディカプリオは何だろ“ギルバート・グレイプ”“ロミオ+ジュリエット”
永遠の10代のイメージ 笑
連邦保安官テディ・ダニエルズは相棒のチャックと
孤島シャッターアイランドで起こった、ある女性の失踪事件を追う
うん・・・観た直後はありきたりの脚本だったな、と
ラストのセリフは「狂気の世界に落ちていたがあの一瞬だけ正気に戻った」
だとワタシは思います

解釈はいろいろあってイイ
・・・最近「イイ」ばかりだxx


“山本五十六”
今年の1月だったかな?に映画館で観ました(もちろん相方の趣味)
映画館まで行って観る作品じゃなくても借りてつまらなくても
絶対!映画は最後まできちんと見る方です
だと思っていたのに途中で寝てしまいましたxx

山本五十六の半生を描く
VFXもちゃちだと感じてしまった・・・豪華な役者さん達のわりに
たんたんとし過ぎて、ね相方に起こされた 笑
多分、興味が深くないから見方が違うのでしょう
人間ドラマとしても浅く感じてしまって・・・地味だから?

難しいと思います



戦争に絡む映画・・・沢山沢山あります
どこに焦点を持っていって

どこを「楽しむ」か




FLYING FORTRESS フライング・フォートレス [DVD]

FLYING FORTRESS フライング・フォートレス [DVD]

  • 出版社/メーカー: ファインフィルムズ
  • メディア: DVD
シャッター アイランド スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

シャッター アイランド スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- [Blu-ray]

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray





Tags:洋画 邦画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。