So-net無料ブログ作成

まだblogリハビリ中。 [みる‐ミタリヨンダリ‐。]


【せか猫】読みました
たけぽんが主演する映画原作で題名も表紙も
“猫”だし、気になってたから

性です 笑

GWは通院週間・・・待ちの小1時間で読めちゃう、軽さ
読後に知った「LINEで連載」「作者は映画プロデューサー」
「2013年本屋大賞ノミネート」
そそそ、そ、なんだ・・・へー

“死”を扱ったファンタジー(で、合ってる?)
生きているうちに大切な存在を想おう(で、合ってる?)
誰もが知っているスナック菓子や映画、アーティスト、本
に、乗っかり過ぎて(そっちの画が映され過ぎて)疲れた
このリアルと、住んでいる場所は特定されていないアンバランス
展開が短すぎて(テンポが良いじゃなく)入り込め、ない
です、ワタシは

身近な人の死は経験ある
猫がこの世からいなくなるのは、嫌
いつか来るであろう“死”怖い
これは分かる

小学生の頃に詩を作る授業があって
書いたのが「もし空がなかったら」 ←たしか、こんな題
荒唐無稽過ぎたのか先生に却下されたけど 笑
多分“空(空間)”じゃなくて“星(とか雲、見えるモノ)”をイメージしてた
「世界から○○が消えたなら」
ふむむ、猫の避妊手術をするのは可哀相と云うが
発情自体をさせなくするから、本猫はその行為・衝動さえ知りえない
“無い”ものは“分からない”だよー
と、そんな事が思い浮かんでしまった作品

まとめません 笑


邦画は基本、映画館に観には行かないので
テレビ放送かレンタルであれば観る、かも
映像であればまた違うと思う
猫がかわゆくて、たけぽんがほんわかした感じになりそう




直ぐ読み終わってしまったので
待合室にあった【飛んで埼玉】ざくっと読みました
こちらも気になってたから、タイミングよし☆
あははは、終わってないじゃん(連載中止 笑)
い~ケド、それで復刻するって地方disりブームと云うか地元自虐ブーム
好きです


世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

  • 作者: 川村 元気
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/09/18
  • メディア: 文庫
このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)

  • 作者: 魔夜 峰央
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2015/12/24
  • メディア: 単行本
     

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。